CATEGORY

仕事に役立つスキル

このページは仕事に役立つスキルについてのヒントとなる情報をまとめたページです。
新着順、人気順に並び替えることができます。

新QC7つ道具「マトリックス図法」の解説と活用方法

改善策を実施する際、大切なのは実施する優先順位です。改善策はたくさんある方がいいですが、量が多すぎるとすべて実施するのは難しくなります。時間は有限であるため、より効率良く結果を出すためには、効果の高い改善策から順に選ぶ必要があります。 マトリックス図法は、そんな優先順位を決めるのに適したフレームワー […]

新QC7つ道具「連関図法」の解説と活用方法

問題解決を目指す際、重要になるのは大本となる原因の解決です。目の前の原因はほかの要因から影響を受けていることが多く、影響を与える要因を解決しないと、目の前の原因は一向に解決しないからです。問題解決を目指す場合は、大本となる原因から解決を目指すのが効果的といえるでしょう。 ですが、要因が多いと、どの要 […]

新QC7つ道具「系統図法」の解説と活用方法

手段を決める際、重要になるのはさまざまな意見を参考にすることです。意見が少ないと考えも偏ってしまい、その結果、手段も限られてしまいます。より適切な手段を模索するためには、話し合いによって考え方を広げることが大切です。 系統図法は、そんな手段を話し合う際におすすめされるフレームワークです。全体像を図に […]

新QC7つ道具「親和図法」の解説と活用方法

問題解決を目指す際、大切になるのは情報の整理です。情報が散らばった状態だと全体像が把握できず、本当の原因が見えてきません。本当の原因がわからないことで効果的な対策が取れず、いつまで経っても問題が解決しないでしょう。 そのようなときは、新QC7つ道具を活用すると良いです。課題解決を目的としたフレームワ […]

コアコンピタンスとは?製造業DXの推進にも役立つ自社の強みの再認識

自社の強みを示すコアコンピタンス。強みとは企業の武器であり、市場競争に勝つために大切な要素といえます。 ですが、意外と自社の強みをわかっていない企業は少なくありません。強みと思っていた要素は競合企業も持っている要素だったり、逆に強みがないと思ったら意外な要素が強みだったりします。 競合企業に勝つため […]

SWOT分析とは?自社の強み「コアコンピタンス」を見つけ出すのに役立つ手法

SWOT分析とは、「強み」「弱み」「機会」「脅威」から企業を評価する手法です。近年はニーズの多様化によってコアコンピタンス(自社の強み)の見極めが注目されており、そのコアコンピタンスを見つける方法として、SWOT分析が主に活用されています。 激動する市場環境に対応するためにも、今後はコアコンピタンス […]

KPT法とは?アジャイルやスクラムの振り返りの手法

KPT法とは、現状を見直し改善を目的としたフレームワークのことです。元々はエンジニアの間で活用されていた手法ですが、近年では他の業種にも活用可能なことから、さまざまな業界からも注目されてきています。 「現状を振り返って改善点を洗い出す」ことは、品質や生産効率の向上を目指すうえで欠かせない要素です。よ […]

PDSAサイクルとは?PDCAサイクルから進化した業務改善手法

業務改善を目的としたPDCAサイクル。昔から続く有名なフレームワークであり、実施する企業も少なくはありません。 そんなPDCAサイクルですが、近年では「C」を「S」に代えた、PDSAサイクルが注目されています。全体的な流れは同じですが、「Check(評価)」では企業の成長や顧客満足の向上にはつながら […]

QC7つ道具の特性要因図の作り方と使用用途とは?原因を明確にするためのフレームワーク

特性要因図というフレームワークについて知っていますか?「QC7つ道具」における手法の一つであり、特性要因図を活用することで、課題に対する原因究明が分かりやすくなります。 原因究明は、品質改善にとても重要な要素です。品質は企業の信用といっても過言でなく、顧客から信用(利益)を得るためにも、品質改善はと […]

なぜなぜ分析とは?問題の原因を探る分析手法実施のコツ

製造業に限らず、原因究明はとても重要です。原因が特定できないままだと改善もままならず、同じトラブルを招いてしまいます。トラブルが続くと生産効率などが低下してしまい、納期が遅れることで顧客との信頼関係も悪化してしまうでしょう。 とはいえ、いざ原因究明をしようにも、やり方がわからなければ究明のしようもあ […]