fuse_logo_w100
FUSE INSTALLATION PROCESS

FUSE(フューズ)導入までの流れ

生産管理システム FUSE(フューズ) 導入までの流れ ①お問い合わせ→②ヒアリング・デモ実施(ヒアリング、デモ実施)→③要件定義(要件定義、パッケージ適合分析)→④設計(基本設計、詳細設計、移行準備)→⑤開発(カスタマイズ、テスト)→⑥導入支援(業務テスト、データ移行、マスタ設定、操作指導)→⑦本番稼働(運営保守、サポート)

STEP

1

お問い合わせ

システム導入をご検討の際は、まずは下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせフォームはこちら

STEP

2

ヒアリング
デモ実施

プロジェクトマネージャがシステム導入の目的や現状課題などをヒアリングし、方針を共有させていただきます。また、実際のシステム画面によるデモンストレーションやより詳細な機能説明も可能です。

STEP

3

要件定義

各要件(運用、業務範囲、機能、ハードなど)を確定させます。通常3~5回程度のお打合せを実施いたします。要件定義後に、システム導入の正式見積をご提示いたします。

STEP

4

設計

パッケージの設定内容やカスタマイズ部分など、システム設計を実施いたします。

STEP

5

開発

設計した内容で開発を実施いたします。進捗報告として複数回のお打合せをいたします。

STEP

6

導入支援

実際の運用を想定した業務テストを実施いたします。また、既存システム等からのデータ移行やマスタ設定も実施いたします。操作指導の方法については、柔軟に対応可能ですのでお気軽にご相談ください。
操作指導例:代表者複数名に操作指導を行い、各代表者から現場に展開いただく(各部門ごとに操作指導を実施 など)

STEP

7

本番稼働

運用保守は、基本的には年次更新となります。保守内容の詳細につきましては、要件定義フェーズでご相談の上、確定いたします

システム導⼊をご検討のお客様!お気軽にご相談ください

お客さまの課題や目的に合わせた機能・カスタマイズのご紹介と、概算見積をさせていただきます。

無料のデモで使い勝手をお試しください

機能や料金などの資料をダウンロードする

お電話でのお問い合わせ

※受付時間 平日10:00~17:00