記事一覧

新QC7つ道具「マトリックス図法」の解説と活用方法

改善策を実施する際、大切なのは実施する優先順位です。改善策はたくさんある方がいいですが、量が多すぎるとすべて実施するのは難しくなります。時間は有限であるため、より効率良く結果を出すためには、効果の高い改善策から順に選ぶ必要があります。 マトリックス図法は、そんな優先順位を決めるのに適したフレームワー […]

新QC7つ道具「連関図法」の解説と活用方法

問題解決を目指す際、重要になるのは大本となる原因の解決です。目の前の原因はほかの要因から影響を受けていることが多く、影響を与える要因を解決しないと、目の前の原因は一向に解決しないからです。問題解決を目指す場合は、大本となる原因から解決を目指すのが効果的といえるでしょう。 ですが、要因が多いと、どの要 […]

新QC7つ道具「系統図法」の解説と活用方法

手段を決める際、重要になるのはさまざまな意見を参考にすることです。意見が少ないと考えも偏ってしまい、その結果、手段も限られてしまいます。より適切な手段を模索するためには、話し合いによって考え方を広げることが大切です。 系統図法は、そんな手段を話し合う際におすすめされるフレームワークです。全体像を図に […]

新QC7つ道具「親和図法」の解説と活用方法

問題解決を目指す際、大切になるのは情報の整理です。情報が散らばった状態だと全体像が把握できず、本当の原因が見えてきません。本当の原因がわからないことで効果的な対策が取れず、いつまで経っても問題が解決しないでしょう。 そのようなときは、新QC7つ道具を活用すると良いです。課題解決を目的としたフレームワ […]

コアコンピタンスとは?製造業DXの推進にも役立つ自社の強みの再認識

自社の強みを示すコアコンピタンス。強みとは企業の武器であり、市場競争に勝つために大切な要素といえます。 ですが、意外と自社の強みをわかっていない企業は少なくありません。強みと思っていた要素は競合企業も持っている要素だったり、逆に強みがないと思ったら意外な要素が強みだったりします。 競合企業に勝つため […]

RFIDタグの種類のまとめ 様々な観点での種類分け

近年は、さまざまな場所でRFIDタグを見かけることができます。企業の入場カードや商品の管理タグ、身近なものだと交通系ICカードなども挙げられるでしょう。 工場や企業のDXが推進されていることで、導入を検討する企業も少なくはないと思います。 ですが、RFIDタグにはさまざまな種類があり、すべてが同じ性 […]

SWOT分析とは?自社の強み「コアコンピタンス」を見つけ出すのに役立つ手法

SWOT分析とは、「強み」「弱み」「機会」「脅威」から企業を評価する手法です。近年はニーズの多様化によってコアコンピタンス(自社の強み)の見極めが注目されており、そのコアコンピタンスを見つける方法として、SWOT分析が主に活用されています。 激動する市場環境に対応するためにも、今後はコアコンピタンス […]

製造業のPoCとは?IoT導入にも欠かせない実証/検証

DX(Digital Transformation)の推進により、近年はさまざまな可能性が期待されています。IoTを活用したスマートシステムも可能性の一端であり、IoTを導入した新製品開発に乗り出す企業も少なくありません。 ですが、新製品の開発は心配事も多いです。前例がない場合だと不確実な部分も多く […]

サイバーレジリエンスとは?製造業が気にしておくべきITトレンド

近年は、社会全体でデジタル化が進んでいます。企業もデジタル化の影響を受けており、デジタル化に乗り出す企業も少なくないでしょう。 ですが、デジタル化が進むと、同時にサイバー攻撃される可能性も高くなっていきます。情報漏洩や不正送金などがニュースで取り上げられており、心配になる企業も多いのではないでしょう […]

BOMとは?製造業におけるBOMの種類や重要性

製造業において、必要不可欠なBOM。BOMとは使用する部品を記載した図・表のことであり、食品の成分表みたいなものです。BOMを確認することで、製品に使われている部品や技術などを知ることができます。 基本的には部品情報をまとめただけのものであり、人によっては「なくても仕事はできる」と思うかもしれません […]