製造業の技術継承の現状と課題、ITを活用した事例を紹介

製造業における技術継承の現状と課題

人材不足が深刻化している製造業における大きな課題の一つとして、「熟練者から若手への技術継承」が挙げられます。

技術継承が重要であると認識しているものの、「どのように進めたら良いかわからない」「他の企業はどのように技術継承を進めているのか?」と感じている製造業の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、製造業における技術継承の現状と技術継承問題、技術継承問題を解決する事例について紹介します。

自社の技術継承の現状分析や企業戦略の構築、ITシステム導入の参考にご活用ください。

技術継承とは?

技術継承とは独立行政法人 労働政策研究・研修機構によると以下のように定義されています。

「業務を継続的に行っていくため、ものづくりにかかる知識やスキル・技能を後輩や次世代に伝え、受け継いでいくこと」

引用: 「ものづくり産業における技能継承の現状と課題に関する調査」|独立行政法人 労働政策研究・研修機構

熟練者のもつ感覚や技術・経験などの情報を新入社員や若手の社員に伝えることで、技術が廃れることなく社内に受け継がれ、事業を継続できます。

熟練者の技術は生産現場において非常に重要です。そのため、技術継承を重要と感じている製造業は多い傾向にあります。

厚生労働省の「能力開発基本調査」によると、約92.7%の製造業が『技術継承の取り組みを実施している』と回答しています。

また、独立行政法人 労働政策研究・研修機構の調査によると、約94%の製造業が『技術継承を重要と感じている』と回答しています。

技術継承の現状と問題

現状、多くの企業が問題を抱えている

前述の通り、技術継承は多くの製造業が重要と認識していることは明らかです。

しかし、現場の実情からすると技術継承が順調に進められている企業は少ないようです。経済産業省の調査によると、約86.5%もの製造業が技術継承に問題があると回答しています。

また、将来の技術継承について約80%の製造業が不安を感じていると回答しています。

技術継承は重要であると認識しながらも、技術継承を進めることは難しく、不安を感じている製造業が多いというのが現状です。

技術継承の課題

技術継承の課題の一つとして、「伝承の仕組み・システムがない、または機能していない」ことが考えられます。

大阪中小企業診断士会の報告によると、技術伝承がうまくいっていない理由について約52.6%の企業が「技術伝承のノウハウ・仕組みがない」と回答しています。

また、厚生労働省の調査によると、約43.4%の製造業が「技術・ノウハウなどの伝承に時間がかかり円滑に進まない」と回答しています。

この問題を解決するには、社内で技術伝承を円滑に進める仕組みやシステムを構築し、社員の負担を減らすことが必須であると言えます。

ITを活用した技術継承の事例

技術伝承の問題を解決する事例の一つとして、ITを活用する方法があります。

熟練者の作業工程を写真や動画で残す

技術伝承の問題として、熟練者の感覚や経験をうまく若手に伝えることが出来ない事があります。

ITを活用し熟練者の感覚を文章や動画に残すことで、作業前や作業中、研修の際などいつでも熟練者のノウハウを学習することができます。特に作業工程の動画を撮影することは、暗黙知化した作業を表現するのにオススメです。

また、専用システムを導入することで、データ管理や検索、閲覧が簡単になり管理者や利用者の負担を軽減することもできます。

スマートフォンやタブレットで動画を閲覧可能にすれば、生産現場に端末を持ち込み検索・閲覧するといった活用方法も可能です。

また、生産工程を動画で撮影することは技術の継承だけでなく、生産現場を客観的にとらえることで製品の品質改善や現場の業務改善にもつながります。

その他にも、近年ではAR・VRを用いた技術継承の仕組みなど、新しい課題解決の方法が次々に誕生しています。※AR(Augmented Reality)は拡張現実、VR(Virtual Reality)は仮想現実を意味します。

中小製造業におけるITシステム導入の目的とメリットについては下記記事をご参照ください。

関連記事

製造業を中心にIoT※の導入が活発になっている中、生産管理システムの導入を検討されている方も多いと思います。 一方で、「結局、生産管理システムって何のために導入するの?」「生産管理システムを導入すると何が変わるの?」といった疑[…]

まとめ

  • 多くの製造業では熟練者から若手への技術継承を重要視し取り組みを実施している
  • しかし実情として継承に問題を抱えている企業が多い
  • 伝承の仕組み・システムがない、または機能していないことが課題
  • ITを活用し動画や文章で技術継承が可能

この記事では、技術継承の現状とITを用いた技術継承の課題を解決する方法について紹介しました。

技術継承は製造業にとって重要な課題である一方、多くの企業でうまく推進することができていないのが現状です。

事業を継続するためにも熟練者の経験を次世代の若手に伝える方法やシステムについて情報収集をはじめてみてはいかがでしょうか。

「多品種少量生産時代の生産管理システム・失敗しない3つのヒント」をプレゼント

「多品種少量生産時代の生産管理システム・失敗しない3つのヒント」プレゼント

多品種少量生産、試作、特注、一品物など種類が増えるほど管理が煩雑になり、生産管理システムを導入する会社が増えています。「システムが現場に合っておらず、ほとんど使われていない」そんな失敗を未然に防ぐポイントがわかります。