製造業の技術継承をVR技術の活用で解決する 製造業の大きな課題の解決

製造業の技術継承をVR技術の活用で解決する 製造業の大きな課題の解決

製造業の技術継承をVR技術の活用で解決する 製造業の大きな課題の解決

多くの企業で問題とされている「技術継承問題」ですが、特に製造業界では死活問題とされています。技術継承が上手くいかないことから業界の衰退も危惧されており、先行きが不安な状態です。

そんな中、新しい技術継承の方法としてVR技術が注目されています。VRの技術を使えば人材不足であっても技術継承を問題なく実行できる可能性があることから、多くの企業がVRに期待しています。

VRによる可能性とはどのようなモノなのか。技術継承が課題として挙げられる理由や、VRの活用によるメリットなどを紹介します。

技術継承とは?

技術継承とは?

技術継承とは、培った技術を次の世代に継承することです。分かりやすい例としては、刀鍛冶や武芸といった伝統技能の事を指し、弟子や後輩に伝えていきます。

技術の損失は、企業にとって大きな痛手となります。今までできていた事ができなくなる事を意味し、品質の低下や生産性を低下させる要因にもなるでしょう、

もちろん、技術継承は製造業に限ったことではありません。医療、農業、建設業、営業、運送業など、様々な業種で必要とされています。

企業の質を下げないためにも、技術継承は企業にとって必要な内容です。

技術と技能の違い

技能とは、個人が持つ能力のことです。足が速い、耳が良い、手先が器用など、卓越された能力のことを指します。

技術との違いは、方法か能力かの違いです。技術は「物事を行うために取得した方法」に対して、技能は「物事を実行するための能力」になります。

例えば、車の運転方法は技術です。そして、運転する際に必要となる、動体視力や空間把握能力などは技能といえます。

技術と技能は似ていますが、同じではありません。技術は教えることは容易ですが、技能を教えることは難しく、個人の才能によります。

技術継承を行う際は、技術と技能を正しく理解し、技能に合わせて伝えられるよう心がけましょう。

継承と伝承の違い

伝承とは、物事を言い伝えることです。社訓、料理のコツ、信仰など、後世に残したい事柄を言葉で伝えていきます。

継承との違いは、モノと言葉の違いです。継承は「技術や財産などのモノを後世に残す」ことを指し、伝承は「大切なことを言葉で後世に残し」ます

伝承よりも継承の方が人生への影響が大きく、そのことから、伝承は「無くても支障が出ないこと」として考える場合も多いです。

技術が後世に受け継がれていくよう、しっかりと継承してください。

VRとは?

VR(Virtual Reality)とは、仮想現実のことです。専用のデバイスを通して世界を見ることで、現実世界とは違った世界(景色)を見ることができます。視界全体を覆うゴーグルタイプが一般的であり、現実世界さながらの没入感が味わえるのが特徴です。

近年では、ゲームや展示会などでも活用されており、徐々にではありますが、生活の一部として浸透しつつあります。

近年では、IT技術の発展とともに仮想世界が注目されており、その一端としてVRも期待されています。

なぜ技術継承が課題となるのか?

技術継承は昔から行われていますが、なぜ、近年になって注目され課題となっているのでしょうか?

熟練工の引退に伴う人手不足

課題とされる主な理由は、熟練工の引退に伴う、人手不足が原因です。少子高齢化などの影響により、近年では若い労働者が減り、逆に年配技術者が増えています。若い労働者が少ないことから、年配労働者の引退によって人材不足に陥ります。

経済産業省が発表した調査結果によると、製造業における新規学卒入職者数は、減少傾向にあります。年度によって増加することもありますが、2001年度と2017年度を比較すると、約7%減少傾向にあるのが分かります。

逆に、高齢者の65歳以上の高齢者は、年々増加しています。2001年度と2017年度を比較すると、約5%の上昇傾向にあり、今後も増えていくと考えられるでしょう。

また、熟練工にもなると、2役3役は当たり前にできます。そのため、熟練工が退職してしまうと、額面以上に人材不足を実感します。

人手不足になると、通常業務が忙しく、満足に技術継承する時間が取れません。その結果、技術継承できずに熟練工が引退してしまうといったような、悪循環となります。

そのような悪循環を避けるためにも、技術継承が課題として取り扱われているのです。

参考サイト
経済産業省「第1節 デジタル技術の進展とものづくり人材育成の方向性」

根付かないマニュアル文化

マニュアルが重要視されていないのも、原因の一つです。年配の熟練者は良くも悪くも職人肌な人が多く、丁寧に教えるより、見て盗むことを常識として考えています。

さらに、技術が洗練されることで自己流になる場合も珍しくはありません。

その結果、マニュアルを軽視する傾向が強くなり、作っても活用がされにくいです。

もちろん、見て学べれば問題ありませんが、実際には自分たちの仕事もあるため簡単にはいきません。そして、しっかり継承されないまま熟練者は退職となり、若手が育たなくなってしまいます。

昔のままでは正しく技術が伝わらないことから、マニュアルを重視した、新しい教育体制が必要となります。

熟練工と若手のコミュニケーション不足

コミュニケーション不足も、原因として挙げられるでしょう。熟練工と若手とのコミュニケーションが不足していることから、技術を教える機会が少なくなっています。

「見て盗め」を信条にする職人肌の人は、時分から積極的に教えに行くことは少ないです。中には、飲みニケーションを含め、技術継承に積極的な人もいますが、近年の若者は自分の世界を重視しやすく、業務以外のコミュニケーションを断る人も多いです。

その結果、必要最低限のコミュニケーションしかしなくなり、技術継承の機会が失われてしまいます。

もちろん、パワハラとなる強引なコミュニケーションはダメですが、技術継承を円滑にするためには、コミュニケーションをするための場所や時間を設ける必要があるでしょう。

技術継承・技術習得にVRを活用するメリット

近年、技術継承・技術習得の方法として、VRの活用が注目されています。

なぜ、VRが注目されているのか。VRを活用するメリットをいくつか紹介します。

仮想空間で場所を問わない

一つ目のメリットは、場所を問わず技術継承が行えることです。仮想世界とは、専用のゴーグルを通して見る世界の事であり、専用のゴーグルがあれば、どこでも仮想世界を見て体験ができます。

専用ゴーグルを貸し出す事ができれば、自宅で練習をすることも可能です。場所はもちろん、時間も問いません。

さらに、練習に実際の設備も不要です。仮に溶接の練習をする際も、専用ゴーグルがあれば問題なく練習できます。強いて挙げるなら、実際に溶接している実感を出すため、溶接棒代わりのスティックがあると尚良いでしょう。

場所も設備も必要ないことから、業務の邪魔にならず、じっくり練習が行えます。

使いまわせるVRコンテンツ

二つ目のメリットは、VRを使いまわせることです。VRと聞くと特別なモノのように思えますが、その実態はマニュアルと同じです。新人を雇用するごとにVRを渡すだけで、簡単に技術を教えられます。

もちろん、VR(マニュアル)を渡すだけですので、指導員も必要ありません。そのため、指導員に人材を割く必要がなく、人材不足の職場でも、業務の負担になりにくいです。

消費せず何度も繰り返して使え、さらに指導員捻出のために人材リソースを割く必要がないなど、VRなら低コストで新人教育が行えます。

熟練工の技術の視覚化・体験

三つ目のメリットは、熟練工の技術を見て体験できることです。VRは、登録された動きを追体験できるため、熟練工の技術を登録することで、そのまま体験ができます。

実際の作業風景をそのまま体験できるため、1人で練習していながらも熟練工に指導されているような、リアルなOJTが体験できるわけです。

OJT
指導者から実際の仕事を通じて指導される教育方式

言葉にするのが難しい操作も、動きを見ながらなら理解がしやすいです。熟練工の主観で体験することも、作業の流れを掴みやすい特徴といえるでしょう。

VRでなら、実際のOJTのような親密なコミュニケーションは必要ありません。もちろん、コミュニケーションはあった方が良いですが、コミュニケーションが希薄でも必要な技術を伝えることができます。

遠隔作業者の視覚の共有・体験

四つ目のメリットは、遠くからでも指導を可能にします。遠隔指導ソフトウェアを活用することで、指導者と作業者が別々の場所にいても、VRを通じて指導ができます。

もちろん、あくまでも共有するのは視界だけであり、状況に合わせて指導するのは難しいです。ですが、遠隔による指導を可能にすることで、海外からの技術指導も可能となります。

近年は、グローバル化の影響により、海外企業との連携も増えています。他にも、新型コロナウイルスの影響などによって、対面して指導できない状況も珍しくはありません。

「仮想空間で場所を問わない」ことと合わせて、VRによる指導方法は期待されています。

レイアウト・作業工程のシミュレーション

五つ目のメリットは、作業工程に合わせ、自由に内容をレイアウトできることです。仮にフォークリフトのシミュレーションをするにしても、ただ運転方法を学ぶだけではなく、条件を設定してシミュレーションできます。

細い道の操作、重量物の上げ下げ、高い場所への荷物の移動、積み込み作業など、状況や業務内容によって、必要な操作は異なります。そのような異なる操作の場合でも、VRのレイアウトを変更することで対応が可能になるのです。

自社の業務内容に合わせてレイアウトすることもでき、終了後には即実践投入可能な、より実践的な指導も行えます。

さらに、業務内容が大きく変わっても、レイアウトを変更すれば問題なく練習が行えます。「使いまわせるVRコンテンツ」にも通ずることであり、使い捨てることはせず、コストの節約にもなるでしょう。

VRに関連した技術

VR以外にも、仮想空間を活用したIT技術は存在します。VRと同様に、今後の技術革命に必要とされる技術ですので、合わせて覚えておいてください。

AR

AR(Augmented Reality)とは、拡張現実のことです。現実世界にデジタル情報を付与する技術であり、専用のデバイス越しに現実世界を見ることで、付与した情報を見ることができます。

VRとの違いは、仮想世界の規模の大きさです。ARは「現実世界にデジタル情報を付け足し拡張する」のに対して、VRは「現実世界を仮想世界で塗り替え」ます。VRの方が仮想世界としての規模は大きく、できることも多いです。

ただ、VRは基本的に、本人しか仮想世界を見ることができません。モニターに出力すれば共有することはできますが、仮想世界に干渉できないことから、実践して見せることは難しいです。

一方で、ARなら同じ世界を共有できます。実践して見せることも可能であり、詳しく説明ができるでしょう。

ARとVRは仕組みが異なりますので、目的や状況に合わせて使い分ける事が大切です。

MR

MR(Mixed Reality)とは、複合現実のことです。VRと同様に専用のゴーグルを着用し仮想世界を見るのは同じですが、MRでは、現実世界に重ねて描画します。

例えば、部屋にテーブルがあるとします。VRは現実世界を塗り替えるため、仮想世界にはテーブルは表示されません。ですが、MRは現実世界に重ねて表示することから、仮想世界にも現実世界と同じ場所にテーブルが存在します。

もちろん、現実世界に合わせて仮想世界を構成するため、テーブルの後ろに回れば、テーブルの後ろを見ることも可能です。

そして、ARと同様にデジタル情報が表示され、あたかも、現実世界と仮想世界が融合したかのような不思議な世界が体験できます。

また、MRなら複数人が同じ仮想世界を、共有することも可能です。VRのようにモニターに映して確認するのではなく、専用のゴーグルをそれぞれが装着することで、見て触れる事が可能となります。

VRとARを合わせたようなIT技術であり、今後の発展に期待と注目がされています。

まとめ:VR技術を上手く活用して次につなげる技術継承を

VRは、仮想世界を体験するためのIT技術です。ゲームへの活用が有名ですが、近年では企業による活用も増えてきており、その一端として技術継承にも活用されています。

VRでなら、指導員や場所を必要とせず、新人1人で練習可能です。さらに、体験しながら学ぶため、マニュアルを見て覚えるよりも分かりやすいです。

VRを活用すれば、技術継承の問題とされる課題も解決できます。技術継承に悩んでいる企業・工場は、VRの活用を検討してみてください。

また、VR以外にもARやMRなどのIT技術も存在します。どちらも技術継承はもちろん、様々なことを可能にし、今後が期待されている技術です。

工場のデジタル化が進む近年において、今後も様々なIT技術が登場すると考えられます。昔ながらの方法を守るだけではなく、新しい技術も取り入れていきましょう。

「多品種少量生産時代の生産管理システム・失敗しない3つのヒント」をプレゼント

「多品種少量生産時代の生産管理システム・失敗しない3つのヒント」を無料プレゼント

多品種少量生産、試作、特注、一品物など種類が増えるほど管理が煩雑になり、生産管理システムを導入する会社が増えています。「システムが現場に合っておらず、ほとんど使われていない」そんな失敗を未然に防ぐポイントがわかります。