製造現場を「見える化」する3つのメリットと導入事例について解説、導入の際に注意点も。

製造現場を見える化するメリットと導入事例

製造現場の見える化。聞いたことはあっても「見える化を導入することでどのような効果があるのか?」「どのように導入すると良いのか?」と疑問を持つ方が多いのではないでしょうか?

近年、図面や書類を紙ではなくデータで管理する「ペーパーレス」が主流となっています。 この記事では、製造現場を見える化するメリットと導入事例について解説します。

ペーパーレスの目的やメリットについては下記記事をご参照ください。

関連記事

製造業の皆様は、職場に図面や書類の管理にお困りではないでしょうか? 印刷して棚などで保管している場合、欲しい図面を探すのに多くの時間がかかってしまうのではないでしょうか? 近年、図面や書類を紙ではなくデータで管理する「ペーパー[…]

製造現場の「見える化」とは?

「見える化」とは、「普段見えないデータを収集し、目で見える状態にすること」です。 見える状態にするデータの一例として、製造現場では設備や機械の稼働状態、各案件の進捗状況などが挙げられます。

見える化を初めて導入したのは世界的自動車メーカー「トヨタ自動車」が発明した生産方式『かんばん方式』『あんどん方式』と言われています。 下記の記事で『かんばん方式』について紹介していますので、こちらもご覧ください。

関連記事

製造業において、適切な在庫管理を行うことはとても重要です。 欠品が発生すると販売機会を損失してしまい、逆に造りすぎると過剰在庫になってしまうため、バランス良く製品を製造していく必要があります。 自動車メーカー「トヨタ自動車」は、自[…]

製造業における見える化のメリット

製造現場に見える化を導入する3つのメリットについて説明します。

普段目に見えづらい問題を事前に把握し解決策を検討できる

普段の業務で見えづらいデータを集計し、それを数値やグラフで表示することで対象の傾向や状態について分析することが可能になります。

例えば、工程・設備ごとの不良数を見える化することで、不良の発生傾向を分析し対策できます。その結果、生産性向上やコスト削減に繋がります。

現場の状況を全社員にリアルタイムで共有可能

見える化したデータをリアルタイムで表示することで、全社員が現場の状態を常に把握することができます。

設備の稼働率を共有することで、各案件の状態や特急案件の割り込み可否を判断することが可能です。

日々の機械点検や故障予知に役立つ

機械の稼働状態など数値化が難しいデータについて数値化することで、機械点検など必要な作業の簡略化や、機械の故障や異常を事前に予測し早急に対応することで急な業務停止を防ぐことが可能になります。

例えば、熱や振動などの情報を機械に取り付けたセンサから取得することで、誰でも正確な点検することが可能です。

導入する際に気を付けること

見える化したデータを活用する方法を明確にしなければ、データを活用できず、データの「見せる化」になる恐れがあります。

見える化を実現する際には「どのデータを見える状態にするか?」「見える状態にしたデータをどのように活用するか?判断基準は?」の観点で十分に検討する必要があります。

製造現場における見える化の導入事例

ここまで、現場の見える化を導入するメリットと、導入する際に気を付けることについて紹介しました。 次に、見える化の導入事例を2つ紹介します。

IoTによる導入

製造現場の見える化を実現する方法として製造現場にIoTを導入する方法があります。

IoTとはInternet of Things(モノのインターネット)のことであり、設備や機械情報をインターネットを通してクラウド等に集約することが可能です。集約したデータをグラフや数字にて表示することで、データを見える化します。

関連記事

情報化社会が進む近年。様々なモノがネットワークでつながるようになりました。スマートフォンやパソコンはもちろん、SNSによって人ともつながり、インターネットは今では欠かせない技術と言えるでしょう。 loTは、そんなインターネット[…]

製造業が注目したいITトレンド~IoT(Internet of Things)~

生産管理システム導入による実績・進捗の表示

IoT導入とは別の方法として、生産管理システムを導入する方法があります。 生産管理システムとは、製造現場におけるすべての生産工程を統合的かつ総合的に管理することができるITシステムのことです。

システム上で製造の実績や工程を管理し、全体に共有することで現場の見える化を実現できます。

生産管理システムの導入については下記の記事にて詳細を説明しています。

関連記事

製造業を中心にIoT※の導入が活発になっている中、生産管理システムの導入を検討されている方も多いと思います。 一方で、「結局、生産管理システムって何のために導入するの?」「生産管理システムを導入すると何が変わるの?」といった疑[…]

まとめ

製造現場における見える化のメリットと導入事例について紹介しました。

IT導入による見える化を実現することで、多くのメリットがあります。 導入事例を参考に現場の見える化を検討してみてはいかがでしょうか。

FUSEによる製造現場の「見える化」

弊社が提供している生産管理ソリューション「FUSE」を導入することで、製造業の工場内に大型モニタを設置し現場への指示や進捗状況を常時表示することで現場を見える化し、作業遅延・作業漏れの防止に成功しました。

導入事例の詳細については下記のページにて詳しく紹介しております。ぜひご覧ください。

カイゼンナビ

「作業進捗が把握できておらず、納期遅れが常習化」「図面を探し出すのが手間」という課題を持っていた製造業様が生産管理システ…

 

 

「多品種少量生産時代の生産管理システム・失敗しない3つのヒント」をプレゼント

「多品種少量生産時代の生産管理システム・失敗しない3つのヒント」プレゼント

多品種少量生産、試作、特注、一品物など種類が増えるほど管理が煩雑になり、生産管理システムを導入する会社が増えています。「システムが現場に合っておらず、ほとんど使われていない」そんな失敗を未然に防ぐポイントがわかります。