ソサエティ5.0とは?製造業の課題解決にも繋がる技術と影響

ソサエティ5.0とは?製造業の課題解消にも繋がる技術と影響

ソサエティ5.0とは?製造業の課題解決にも繋がる技術と影響

近年、日本では新しい社会方針として、ソサエティ5.0が掲げられています。ソサエティ5.0に向けた政策や技術も発表されており、様々な業界や企業から期待されているのです。

とはいえ、ソサエティ5.0がどのような内容かわからないと、対策を取ることができません。もしかしたら、製造業界の不利益になる可能性もあります。

ソサエティ5.0とはどのような方針や政策なのか。製造業界への影響や実現によって可能となる出来事など、ソサエティ5.0について紹介します。

ソサエティ5.0(Society 5.0)とは?

ソサエティ5.0とは、内閣府が発表した、科学技術を基本にする社会システムのことです。仮想空間と現実空間を高度に集合したシステムによって、経済発展や社会的課題の解決を目指します。

「5.0」と明記される理由は、5番目の社会システムだからです。Society 1.0は「狩猟社会」、Society 2.0は「農耕社会」、Society 3.0は「工業社会」と時代とともに発展し、現在はSociety 4.0の「情報社会」へと発展を遂げています。「5.0」は次のステップである「超スマート社会」を意味し、それに向けた変化が求められているのです。

ソサエティ5.0 の製造業への影響

ソサエティ5.0による影響は、様々な業界で影響があります。製造業も影響を受ける業種であり、ソサエティ5.0の実現が期待されています。

ソサエティ5.0が実現すると、どのような影響が期待できるのか。3つの観点から紹介します。

製造業のDX

1つ目の影響は、DX化が期待できることです。DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル技術を用いた現状の改革」のことを意味します。要は「AIやloT技術が普及すれば、生活や社会が快適になる」といった内容であり、製造環境を変えることも該当します。

人間の代わりに作業をするロボット。遠距離から監視・操作可能なセンサーやカメラ。生産工程や在庫状況など工場内のあらゆるデータを管理する生産管理システムなど、DX化によって、様々な作業環境の変化が期待できるでしょう。

製造業のDX化はもちろん、関連業界もDX化によって、作業効率や生産性の向上に影響を与えます。

関連業界からのフィードバック

2つ目の影響は、他の業界とも互いに影響し合えることです。例えば、商品の販売企業との影響についてです。販売企業の売上データを基にすることで、製造数や商品開発の予想を立てられます。販売企業としても、世情に合わせた商品を確保できることから、経営戦略も立てやすくなるでしょう。

また、他業種がDX化することにより間接的な影響も受けられます。物流業界のDX化が進めば交通状態を常に把握できるようになり、渋滞による納出品の遅れをなくせます。積み下ろしも、ロボットによる自動化によって安全かつ高速化され、人手を必要とせず作業が行えるのです。

他にも、広告企業、農業、各種IT企業など、様々な企業とデータをやり取りすることで、より効率的な生産を実現できます。

国・自治体による法整備や支援

3つ目の影響は、ソサエティ5.0の実現に合わせ、法整備や支援がされることです。ソサエティ5.0は国を挙げた政策であり、それに合わせて様々な法整備が行われます。

ある県では、AIやloTの活用を目指したDX推進事業も実施されており、AIやloTを導入・活用することで、一定の補助金が支給されます。

他にも、ソサエティ5.0の実現に合わせて様々な法整備がされると考えられ、それに合わせた活動が、製造業界では望まれています。

ソサエティ5.0を支える技術

ソサエティ5.0は、様々なIT技術によって成り立ちます。具体的に、ソサエティ5.0を構成する技術にはどのようなものがあるのか。各IT技術について紹介します。

IoT

loTとは、「モノのインターネット」と呼ばれるIT技術です。「モノ」とは、各種デバイスはもちろん、センサー、電化製品、車、さらには人なども含まれており、「様々な対象をインターネットでつなげる」意味があります。

ソサエティ5.0では、特定のサーバーだけでつながった世界だけではなく、広い世界でのつながりを目的としています。他部署や海外といった離れた場所とのデータ交換も可能となり、よりできることが広がるわけです。

また、データの交換だけではなく、遠隔操作も可能にします。今まで仕事をするためには現場に出向く必要がありましたが、loTを導入した現場では、現場に出向く必要がありません。将来的には自宅からでも工場に指示を出すことができ、製造業界でもテレワークが実現するでしょう。

関連記事

情報化社会が進む近年。様々なモノがネットワークでつながるようになりました。スマートフォンやパソコンはもちろん、SNSによって人ともつながり、インターネットは今では欠かせない技術と言えるでしょう。 loTは、そんなインターネット[…]

製造業が注目したいITトレンド~IoT(Internet of Things)~

AI

AIとは、「人工知能」のことです。人間と同じようにシステムに学習させることで、システム自らが物事の判断ができるようになります。

ソサエティ5.0では、様々なデータのやり取りが想定されています。リアルタイムでも情報は更新されており、すべてに対応するためには、システムの力が必要不可欠です。

収集、分析、管理、立案など、様々なことをAIがサポートすることで、より作業が効率的でスムーズに進められます。

また、予想もAIが得意とすることの一つです。分析した結果から先のことを予想し、販売戦略に活かすこともできるでしょう。

関連記事

製造業界では、近年、AIによる考えが広まりつつあります。機械による自動化は革新的であり、多くの企業がAIに注目しているといえます。 ですが、期待する一方で不安な点も多く、導入に踏み切れない企業も少なくはありません。「作業が効率[…]

製造業が注目したいITトレンド~AI(Artificial Intelligence)~

ビッグデータ

ビッグデータとは、「データの量:Volume」「データの種類:Variety」「データの更新頻度:Velocity」からなる、巨大なデータ群のことを指します。大まかにではありますが「大量のデータを問題なく扱うためのシステム」と思ってもらえれば良いでしょう。

リアルタイムに更新する膨大なデータ群を扱うためには、それだけの受け皿が必要です。AIが分析するにしても、参照データが多ければ多いほど、精密さが増します。

loTやAIを最大限活用するためにも、膨大なデータを管理・保存できるビッグデータの存在は、とても重要になります。

ロボット

ソサエティ5.0では、ロボットの活用も視野に入れています。AIの搭載によって複雑な動作が可能となり、人と並んで作業ができるロボットが期待されているのです。

現在でも既に開発はされており、ロボットが導入されている現場も少なくはありません。ドローンもロボット技術の一つであり、将来的にはロボットが身近な存在になると考えられています。

また、さらにIT技術が発達することで、人の代わりとなるロボットも期待されています。危険な場所で働くロボットや重い荷物を運ぶロボットなど、導入されることで、多くの業種の助けとなるでしょう。

5G

5Gとは、第五世代となる移動通信システムのことです。高速かつ大量のデータの送受信を可能とし、通信面をより快適にします。

今まででも送受信はできていましたが、より膨大なデータになると、通信速度は遅延してしまいます。ソサエティ5.0による膨大なデータの送受信に対応するためにも、より新しい通信システムが必要になってきます。

loTによって集められたデータをビッグデータで管理し、そのデータ群をAIによって分析した後、ロボットによって出力されます。そして、それらのデータ通信を支えるのが5Gというわけです。

ソサエティ5.0の実現により可能になること

ソサエティ5.0が実現することで、以下の内容が可能となります。

人手不足の解消

ソサエティ5.0の実現によって、人材不足が解消されます

近年、少子化の影響によって、様々な業界で人材不足が発生しています。製造業でもそれは同じであり、製造業界の課題として、人材不足は問題となっているのです。

ですが、AIやロボットが導入されることで、人の代わりとなります。AIによる生産管理やロボットによるライン作業など、人がしてきた仕事を機械が肩代わりします。

将来的には、人の仕事は主にAIやロボットの管理だけとなり、人を必要としない作業現場となるかもしれません。

製造工程でのムダの削減につながる

人手不足の解消だけではなく、生産におけるムダを削減します

自動車で有名なトヨタ自動車では、生産における7つの無駄として「加工のムダ」「在庫のムダ」「造りすぎのムダ」「手待ちのムダ」「動作のムダ」「運搬のムダ」「不良のムダ」「手直しのムダ」を挙げており、ムダを改善することで生産性や作業効率が向上すると呈しています。

関連記事

「ムダを省く」というのは、企業の運営においてとても重要なことです。コストの削減につながるのはもちろん、仕事内容の見直しにもつながり、より効率的な業務内容にすることができます。 製造現場でもそれは同じであり、作業の効率化によって[…]

「7つのムダ」とは?製造現場のコスト改善の要素

たとえば、作り過ぎによる在庫ムダです。たくさん生産しても、それが納品されなければ利益になりません。むしろ、スペースを圧迫し不利益が生じてしまいます。

他にも、加工くずが多すぎることによる加工のムダや、余計な動作が多く作業時間が長くなる動作のムダなど、生産には様々なムダが存在するといえるでしょう。

ですが、AIによって管理されれば、効率的に生産ができムダが発生しにくくなります。在庫状況を管理することでムダに作りすぎるのを防いだり、作業動作から分析して効率的な流れを導き出したりなど、様々な形で改善し、ムダを減らせるのです。

生産のムダが減ることで、作業効率が改善し生産性が向上します。ソサエティ5.0の実現は、企業にとって、利益を上げることにつながっていきます。

熟練技術者からの技術伝承・継承

ロボット技術は、熟練技術者の動作もマネすることが可能です。

人の目では難しい動作の流れも、AIなら細かく分析し、同様の流れを再現することができます。

また、AIで得た動作のデータは、loTによって他のロボットにもインストール可能です。人のように一から学習する必要が無く、即戦力として活躍できるでしょう。

製造業界では、人材不足が理由により、技術継承も問題となっています。継承する相手がいないのはもちろん、人手不足により教える時間も確保できないことから、技術が廃れることを懸念されているのです。

ソサエティ5.0の実現は、利便性や利益の面だけではなく、伝統技術を残すためにも必要とされています。

まとめ:日本が目指す未来社会

ソサエティ5.0とは、次の世代を担う、デジタル社会のことです。様々な部分にIT技術が使われることで、日常生活や社会がより快適になります。

製造業界も、ソサエティ5.0による変化を期待する業種の一つであり、実現によって作業環境が大きく変化します。既にAIやloT、ロボット技術を導入している企業も存在し、今後はDXを中心とした生産が主流になると考えられます。

ですが、ソサエティ5.0を実現するためには、各IT技術を理解する必要があります。AIやloTなどは、ただ導入すれば効果を発揮するわけではありません。使い方を理解していないと、宝の持ち腐れになってしまうでしょう。

また、社会が変われば法律も変わります。支援金も含め、知らないと損をしてしまうかもしれません。

今後、様々な技術が発表され話題となっていくと思われます。社会の変化に取り残されないためにも、ソサエティ5.0の動向に注目していきましょう。

「多品種少量生産時代の生産管理システム・失敗しない3つのヒント」をプレゼント

「多品種少量生産時代の生産管理システム・失敗しない3つのヒント」プレゼント

多品種少量生産、試作、特注、一品物など種類が増えるほど管理が煩雑になり、生産管理システムを導入する会社が増えています。「システムが現場に合っておらず、ほとんど使われていない」そんな失敗を未然に防ぐポイントがわかります。